ゲイリィ・スタインカンプ(Gary Steinkamp)さんのこと ③

2001年9月11日、東京バーバーズは、環太平洋バーバーショップ大会の開催地、メルボルン(オーストラリア)に向かって、太平洋の上を飛んでいました。あのニューヨーク同時多発テロ事件、当日のことです。

大会事務局から、メルボルンについたら地元のテレビ局が来るかも知れないから上手く対応してね、との連絡を貰っていて、空港に着くとTVクルーが居たのですが、東京バーバーズには知らん顔で、アメリカ人にインタビューしています。

メルボルン空港にて

現地のホテルに入ったのち、テレビのニュースで事の重大さを知り、言葉を失いました。飛行機の中では報道管制が敷かれ、ニュースが遮断されていたため、私たちは事態を知らないまま、到着したその足でのんびり市内観光をしたのです。私たちのコーチであるゲイリィや大会のゲストカルテットは、早めの便でアメリカを出発したためメルボルン入りできましたが、その他アメリカからの大会ゲストは、飛行機が全面飛行禁止になって参加できませんでした。

前年のWHJでは、日本人だけでバーバーショップが歌えることを示すべきだと言って、指揮を固辞したゲイリィでしたが、その後の度重なる懇請に折れて、この環太平洋大会から指揮を引き受けてくれることになりました。

環太平洋大会の前の4月のゲイリィの合宿では、それまでのバーバーショップの基本的なことやコンテスト曲の指導と振付指導の他、コンテストへの心構えや審査員との駆け引き等、新たな話題についてもコーチをしてくれました。

この環太平洋大会では、東京バーバーズはI Can’t Give You Anything But LoveとMoonlight Brings Memoriesを歌い、21コーラス中の8位。オーストラリアのバーバーショッパーからは「たった15人でここまで出来るのは凄い。自分たちも人数が少ないことに甘んじていないで、もっとレベルアップしなければ」と面白い褒められ方をしました。

バーバーショップのコンテストでは、一般的に一曲目はバラードを歌い、息の切れるアップチューン(速いテンポの曲)は2曲目というのが常道ですが、一曲目にI Can’t Give Youを持ってきたのはゲイリィのアイデア。「審査員を含めバーバーショッパーの間で良く知られているMoonlight Brings Memoriesより、比較的新しい曲であまり知られていないイントロのついているI Can’t Give You…の方が、審査員が曲名が分かるまでジックリ聴いてくれるので、高得点を取りやすい。」というのが、ゲイリィの考えた審査員との駆け引き。カルテットやコーラスでコンテストの常連であり、ご自身もBHSの公認審査員の資格を持っている人の考えていることは、流石に違うと思いました。 /by Kaz

ゲイリィ・スタインカンプ(Gary Steinkamp)さんのこと ③」への1件のフィードバック

  1. On September 11, 2001, Tokyo Barbers flew over the Pacific Ocean to Melbourne (Australia), the venue for the Pan Pacific Barber Shop Cnvention. That was the day of the terrorist attacks in New York.

    We were informed by the Convention secretariat that “A local TV station might come when we arrived in Melbourne, so please respond well”, and when we arrived at the airport, there really was a TV crew. But they did’nt know about Tokyo Barbers, they were interviewing an American team.

    After entering a local hotel, we learned the significance of the matter on TV news and lost our word. The news were blocked on the plane by the press regulation, so we arrived and took a leisurely tour of the city without knowing what was going on. Our coach Gary, and the tournament guest quartet were able to enter Melbourne because they left the United States on an early flight, but after that other tournament guests from the United States were unable to attend because the plane was totally banned.

    At the WHJ of the previous year, Gary refused to conduct, saying that Tokyo Barbers’ first performance should be done by the Japanese people only, but he decided to undertake the conductor from this convention(2001) after we repeated to offer.
    At Gary’s training camp in April before the convention, he also coached us the new topics such as the basics of the barbershop up to that point, guidance on contest songs and choreography, attitudes toward the contest, and bargaining with judges, etc.

    At this Convention, Tokyo Barbers sang “I Can’t Give You Anything But Love” and “Moonlight Brings Memories”, finishing 8th out of 21 choruses. An Australian barbershopper gave an interesting compliment, “It’s amazing that can do such a performance with only 15 people. We also don’t compromise with the small number of people, and we have to brush up on.”

    In barbershop contests, it’s common practice to sing a ballad for the first song and a second song for a breathtaking uptune (fast tempo song), but the first song was “I Can’t Give You …” we brought Gary’s idea. “I Can’t Give You…, which is a relatively new song and has a lesser-known intro, is easier to get a high score because the judges listen carefully until the song title is known.” That was Gary’s idea of bargaining with the judges. I thought that the thoughts are different of whom qualified as BHS official judge, also a regular in quartet and chorus contests. (Kaz Matsumura)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です